2018年1月14日 (日)

韓国は、今も昔も頼りない。

歴史上、朝鮮半島が他国に奪われると、日本の安全保障が脅かされる。
白村江の戦、元寇、ロシアの南下も、朝鮮半島が他国に奪われる又は奪われたことが、
原因だ。

韓国の文大統領は、日本やアメリカ側に属しているはずなのに、中国や北朝鮮の顔色を窺ったり、信用できないパートナーだ。
韓国は、事大主義で、常に、強い国にすり寄る傾向にある。韓国は、日清戦争で日本が勝てば日本にすり寄り、ロシアが南下してくれば、ロシアにすり寄る。日露戦争で、日本が勝てば、日本にすり寄り併合を懇願。今は、中国が経済成長してきたので、アメリカよりも中国にすり寄り始めた。

韓国は、いつもこのように頼りないから、日本は、かつて韓国を併合したのだ。
しかし、今の韓国人を見ると、昔の韓国人も、相当、日本人と価値観が合わなかったんだろうなと思う。
いかんせん、法律よりも国民の感情が優先する国なのだ。昔の日本は、そんな相手をよくも、36年間もうまく統治したものだ。

日本は、今後、韓国が北朝鮮に支配されそうになっても、手助けしてはいけない。
なぜなら、手助けしても、また侵略されたとウソをつくに決まっているからだ。

日本としては、日本と敵対する中国、北朝鮮、韓国が互いに仲悪く、いがみ合状態にしておくのがベストである。日本は、韓国を助けるふりして、いざとなったら見捨てて、その時に竹島を奪還すればよい。

2018年1月13日 (土)

日本の戦いは、まだまだ続く。

日本は、ロシア革命の時から、ずっとマルクス主義と戦ってきた。

そして、その戦いは、今も続いている。

大東亜戦争でアメリカと戦ったのも、当時のルーズベルト大統領が、共産主義者だったからだ。なぜ、ヤルタ会談で、アメリカはソ連と手を結んだか。それは、アメリカの首脳部が、共産主義に染まっていたからだ。

また、GHQは、当初、日本を共産主義国とすべく、戦後は、共産党の野坂を総理とする予定だった。しかし、アメリカのルーズベルト大統領の死後、アメリカの政策は、反共産主義となった。そのため、たまたま、日本は、共産主義国とならなくて済んだのだ。

 

ソ連は、崩壊したが、マルクス主義の思想は、生き残っている。

それが、共産党であり、リベラルだ。

リベラルとは、隠れマルクス主義である。リベラルは、とにかく批判を繰り返す。しかし、決して、代価案を出さない。批判のための批判である。なぜなら、批判すること自体が目的なのだ。批判を繰り返すことによって、人々に、政治とはくだらない、自分の属する組織や国家は、忠誠を誓うに値しないと思わせたいのだ。
 
加計学園問題を追及する野党がまさにその例だ。
 
与党議員の質問で、明らかに、安倍総理は関係ないとわかっているのに、まだ、何か隠しているだろうと、追及をし続ける。または、何か失言を引き出そうと挑発をしたりしている。

リベラルが、批判を繰り返すこ理由は、人々に厭世観を持たせたいからだ。厭世観こそが、人々に革命を起こさせる気運となると彼らは考えるのだ。

私の職場にも、職場に対し批判ばかりいる人がいた。あなたの会社にも、そういう人はいないだろうか。その人は、もう定年退職となったが、その人の批判に終始している姿は、まるで野党そっくりだ。そして、その人の周りは、その人からドンドン離れていった。

明治維新後、二元論的な思想が日本に入り、とにかく対立構造を作って、対立したがる人が増えた。しかし、日本人は、本来、対立を好まず、困ったときは、お互いさまで生活していはずだし、今も、そういう風に考える人が多い。
 
日本は、聖徳太子の17条の憲法の時から、「和」を重んじてきた。17条憲法の第一条は、和を以て貴しとなすである。この和の精神こそが、世界で最も普遍的な思想である。
 
世界の各国は、他民族を同化しようとしてもなかなかうまくいかない。しかし、日本だけがうまくいっている。それは、世界の国の原型が、日本にあるからだ。

日本こそ、もっとも普遍的な文明を持つ国家なのだ。
 
日本は、江戸時代末期から、自国と異なる文明と対立してきた。
 
アメリカには、大東亜戦争で負けたが、負けた後も、日本の文明を侵そうとする国々との戦いは、終わっていない。北朝鮮や中国とも、文明の違いで対立している。
 
世界最古の歴史を持つ日本は、世界の憧れである。
 
日本は、大東亜戦争の教訓として、二度と負けてはいけないことを学んだはずだ。
 
立ち上がれニッポン。今こそ、憲法を改正して、自国の存亡のために。自国だけで他を圧倒する軍隊を持つべきだ。

2018年1月 3日 (水)

我が国の敵は、NHK。

昨年のNHKの紅白歌合戦を観た。
番組の初めの方で、「忖度」が、NHKの敵だという場面があった。
このシーンに違和感を覚えたのは、私だけであろうか。
「忖度」とは、他人の気持ちを推し量ることで、日本的な美徳である。
それを「敵」として、看做すNHKは一体どういう意図でこの場面を撮影したのか。
NHKが倒したい敵は、「忖度」ではなく、安倍政権のことだと多くの国民は、感じただろう。
これで、中立公正な報道機関と言えるだろうか。

我が国の敵は、忖度ではなく、反日報道機関のNHKである。

2017年9月29日 (金)

なぜ、日本の政治家は、簡単に政党を鞍替えできるのか。

日本人は、聖徳太子の頃から、和を尊び、天皇陛下の元で、国がまとまってきた。
これは、日本の国体ともいうべきもので、現代でも、多くの日本人が共有している感覚である。
日本人は、皆、この精神の根っこが同じで、他国と比較し、宗教対立や民族対立もないことから、民進党の議員に関わらず、政治家は、どこの政党へでも、自らの生活(私心)のために、簡単に鞍替えし、その政党に溶け込むことができるし、有権者もまたそれを許してしまうのである。

2017年8月30日 (水)

あなたの会社は、朝礼で北朝鮮ミサイル発射に触れたか。

仕事中に、北朝鮮からミサイルが発射されることも十分考えられる。
その場合に、建物内のどこの逃げるのか。客をどう誘導するのか。
北朝鮮からミサイルが発射されてから、日本に届くまでに10分もかからない。
朝礼をする機会があれば、そこで共通認識を持っておく必要があるだろう。

2017年8月28日 (月)

仮面ライダーショーからわかる日本人の戦いの美学

日本人は、1対1で戦うのが、当たり前だと思っている。
昨日みた仮面ライダーショーでも、仮面ライダーが、1対1で戦わないのは、卑怯だと悪者に言っていた。
ところが、狩猟民族の末裔である欧米人、中国人などは、獲物を複数で襲って食べてきた歴史があるから、人間同士の戦いでも、とにかく勝つことが(生きること)大事で、1人を複数で襲うことに何の躊躇もない。
戦いにも美しさを求める日本人とそうでない外国人。
仮面ライダーショーをみて、改めて、文化の違いを感じた。

2017年8月27日 (日)

「キラキラネームをつける親はバカ」という投稿が物議 「〇〇子だと『古臭い』と言われる」「せめてすぐ読める名前にして」|ニフティニュース

最近、自分の子供に、読めない名前をつけている親が多い。
そのために、幼稚園の先生でも、困惑することが多いという。
その子は、やがて、小、中、高校、大学、社会人、老人となる。
ふりがなをつけてもらわないと読めない名前は、社会が迷惑する。

誕生した時点では、子供は小さくてかわいいから、かわいい名前を
つける親が多い。
しかし、そういう親は、今しか見てない。考えていない。考えられない。
将来に向かって、思考することができない。
その子が、80歳を超えても、その名前を使い続けることがわからない。

子供の名前は、やはり、子供の将来のことも考えてつけてあげるのが、一番良いだろう。


リンク: 「キラキラネームをつける親はバカ」という投稿が物議 「〇〇子だと『古臭い』と言われる」「せめてすぐ読める名前にして」|ニフティニュース.

2017年8月26日 (土)

「0円食堂」からわかる!日本人の生活にしみ込んだもったいない精神

全国の農家を訪問して、捨てられてしまう食材をもらい、料理をつくる鉄腕ダッシュの「0円食堂」の企画。
この番組の企画を見てもわかるとおり、日本人のほとんどは、伝統的に、食べられるものを捨ててしまうことに、抵抗感を持っています。
この精神は、いったいどこから来るのか?
私は、神道にあると考えます。
古事記によると、神様の体から、稲などの五穀、その他の食べ物が産まれています。
つまり、稲などの五穀やその他野菜は、神様の分身なのです。
神様が、我々人間にくれた食べ物なので、ありがたくいただく。
これが、「もったいない精神」につながっていると思います。
また、日本人のもったいない精神は、食べ物に限らず、まだ使える道具などにも及んでいます。

神道には、キリスト教のように教義はありませんが、その教えは、「もったいない精神」のように、生活に溶け込んでいる。
その意味で0円食堂は、多くの日本人の共感を呼ぶ企画だといえます。

2017年8月24日 (木)

トムとジェリーなどアメリカのアニメは、子供に見せるな。

トムとジェリーやディズニーアニメなどのアメリカのアニメは、日本の昔話に比べて、どう生きるかというテーマがない。
日本の昔話なら、①正直にいきること、②勤労であること、③動物や生き物を大切にすること、④欲張らないことを教えるが、外国では、こういう道徳的なことは、宗教(キリスト教)で教えるから、アニメはあくまで、その場で見て楽しいだけの内容、つまり、道徳的には何もない内容となっている。
トムとジェリーなんかは、ただ「いたずら合戦」、「騙しあい」をしてるだけだし、スヌーピーだって似たようなものだ。
日本人の子なら、まず、日本昔話で、日本の価値観を学ばせるべき。
NHKのEテレも、外国のアニメではなく、日本の昔話を放送すべきだ。

2017年8月22日 (火)

意見広告 「テレビにはしっかり事実を伝えて欲しい」について

放送法順守を求める視聴者の会が、本日の読売新聞の朝刊の6面全体に、大きく意見広告を載せた。その内容は、テレビ局に対して、国民の知る権利を守るため、放送法第4条を守ることを求めるものだ。
放送法第4条には、報道は事実をまげないこと、政治的に公平であること、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることが規定されている。
この意見広告によれば、加計問題を扱った時に、NHKを始め、各テレビ局の多くが、前川発言を2時間以上も大きく取り上げる一方で、前川発言とは矛盾する前愛媛県知事「加戸守行」の発言を6分くらいしか取り上げていないというものだ。
ちなみに、前川氏は、行政が歪められたと発言したのに対し、加戸氏は、今回の獣医学部新設で、行政が正されたと発言している。

これは、何もテレビ局の話だけではない。新聞社も同じなのである。新聞は、国の認可が必要なく出せるので、新聞には、放送法が適用されないが、新聞社の報道にも偏向がある。
例えば、朝日新聞社は、加戸前知事の発言を全く無視した。朝日新聞は、もはや事実を報道するよりも、世論の誘導に力点を置いているとしか思えない。

結論を言えば、テレビ局にも新聞社にも、事実をそのまま報道してほしい。
そして、総務省は、放送法を遵守しないテレビ局に対して、放送法の順守を求めるべきである。
また、獣医学部だけではなく、総務省によって地上波のテレビ局が新設されないことこそ、不自然であり、何らかの利権が絡んでいるのではないか。今後は、公共の電波の枠を、入札にかけるなどして、多くの企業が、地上波で番組を放送できるようにしてほしい。

より以前の記事一覧