2017年5月 3日 (水)

美しい日本の憲法をつくる道民の集いに参加した感想

平成29年5月3日、日本会議北海道本部が、主催した憲法改正派の講演に参加した。

札幌市のかでる2・7で開催された。座席は、半分以上埋まっていたのでは。
講師は、産経新聞記者の阿比留瑠比氏。「総理の誕生」などの著作もある。
阿比留さんによると、安倍首相は、米議会の演説、真珠湾慰霊、戦後70周年談話など、戦後体制を終わらせようとしているとのこと。
あとは、憲法改正に並々ならぬ決意があるとのこと。
日本の憲法には、普通の憲法なら当然あるべき、緊急事態条項がないことなど、この講演で勉強になることがたくさんあった。
阿比留氏によると、次の衆議院選挙は、安倍さんが自民党総裁3選が決まったタイミングになるとのこと。また、次の衆議院選挙には、維新の会から、橋本徹さん、辛坊治郎さんが、出るということを言っていたが、これまで、そんな話は聞いたことがなかったので、もし当たったら、さすが、新聞記者というところだ。
実をいうと、北海道では、産経新聞がリアルタイムで購読できない。印刷会社や販売店の関係で、当日の朝の配達は難しいらしい。だから、北海道では電子版の購読を進めていた。
北海道全体が、左翼的な風土なのは、産経新聞が普通に購読できないせいもあるのではないか。左翼的な北海道新聞を読んでいると、いつの間にか、洗脳されてしまうから怖い。
その他、本日、出席した衆議院議員の人は、来るだけでも偉いと思うが、挨拶だけして、退席した人がいたのは残念。そのような人は、虎ノ門ニュースでも視聴して、青山繁晴参議院議員の活動から、日本国復活にかける彼の熱い思いを見習ってほしい。青山議員に比べると、今日会場に来た衆議院議員は、いずれも、普段、どんな活動をしているのかさっぱりわからない人たちばかりでる。

2017年3月24日 (金)

騙すことを良いこととする欧米と正直勤勉な日本人の違い

ヨーロッパの人たちは、陽が乏しい地域で生活していたから、農業で生活することができず、狩猟を中心の生活をしていました。
狩猟をするには、足を動かして、獲物を取らなければなりません。
また、獲物を罠にかけたり、おとりを使って獲物を捕らえたりしていました。
その歴史から、ヨーロッパ人は、相手を騙したり、ウソついたりしても罪悪感はなく、むしろ騙す方が優秀で、騙される方が悪いとする考えを持つのです。
これに対して、日本では、まじめに稲作していれば、誰でも生活できた。つまり、勤勉でさえいれば、十分な生活ができたのである。その中では、人をだまずのは悪いことで、困ったときは助け合うのが当然とされてきたのだ。

外交をやっても、日本は誠実でまじめな姿勢が目立つが、欧米では、平気で条約を破る。
日ソ不可侵条約だって、見事に破棄された。
韓国だって、日韓基本条約を無視して、戦後補償を求めてくる。
世の中、日本みたいに、誠実な国は、めったにないのだ。

mr0gc

2017年3月23日 (木)

日本人の勤勉さの由来は、稲作にある。

は、本来、熱帯の植物である。
そして、熱帯地方では、いつ種をまいても、稲が実る。
しかし、これを日本のような温帯地域で育てる場合、
熱帯のような暑い時期が7~8月に限られるため、
そこから逆算して、種を蒔かなければならない。
つまり、熱帯地方と違い、計画的に作業を進めないと、稲作はうまくいかないのだ。

この稲作を1000年以上も続けてる日本人は、必然的に勤勉な民となった。
そして、日本人の勤勉さは、稲作文化が廃れた現代においても、
続いているのだ。

稲と日本人の間には、密接な関係がある。
自分の子供にも、ぜひ伝えておきたい。

2017年3月13日 (月)

サウジの国王と比べ、決して散財しない我が天皇陛下

サウジの国王の来日が、日本を沸かせている。
お連れの家来が、1000名いるとか。
飛行機から、階段で降りるのは危険だから、エレベータを持ってきたとか。
サウジの国王は、お金を湯水のように使っている。

これに対して、天皇陛下は、決してこのようなお金の使い方をなさらない。
第一、天皇陛下の第一のお仕事は、国民のために祈ることである。
その歴史も2600年もある。
国民の税金を徴収して、散在するサウジの国王とは、自ずから品格が違うといえよう。

2017年2月17日 (金)

国益を考えないマスメディア(北海道新聞)

本日の北海道新聞では、夫婦別姓を希望している人を取り上げているが、こんな極端な例(ぺーパー離婚を繰り返す。)は、国民の0.0001%もないだろう。
夫婦同姓が嫌ならば、婚姻しなければよいだけではないか。こんなごく少数の極端な人のために、制度を変えろというのか。
制度を変えれば、家族の結束を弱めるだろう。その結果、家族が弱くなれば、日本の社会もおかしくなる。
北海道新聞の記事は、これ以外(例 死刑制度の廃止)にも、読者の関心を買いたいがために、特殊な例だけを取り上げ、それがどんなに国益に反しているかわかっていない。
もっと、国益を考えた記事に変えていかなければ、読者は減るだろう。
アメリカのトランプ大統領が、マスコミの報道に反して当選したのも、マスコミに対する国民の不信感があったからだ。
国益を考えず、特殊な人間だけを特別視する記事を掲載し続ければ、国民に信じられるメディアにはならない。

2017年2月15日 (水)

歴史教科書では、今まで通り、「鎖国」の文言を入れるべきである。

文部科学省は、2月14日、次期学習指導要領案を発表した。
それによると、歴史用語で「鎖国」の用語が「長崎などで貿易」という表現に変わるらしい。

しかし、鎖国の目的は、宣教師がキリスト教の流入を防ぐことにより、その後に訪れる外国軍隊の侵略、植民地化を防ぐことにあった。したがって、貿易だけに着目し、鎖国の文言を歴史教科書から削除するのは、当時の日本が、外国文化の流入を恐れいたことを教えないことになり、問題あると考える。

また、近代以降、世界で人、物、金の自由化を目指すグローバル化が進んでいるが、鎖国の文言を外すことは、日本人をしてグローバル化に対する警戒心を無くすことになるだろう。

提案
歴史教科書では、今まで通り、「鎖国」の文言を入れるべきである。

2017年2月11日 (土)

なぜ、建国記念の日なのに、これに関する記事が紹介されないのか。

本日は、建国記念の日。
しかし、北海道新聞には、それに関する記事は一切ない。
学校でも、この祝日の意味を教えない。
だから、日本人は、単なる休みにしか思わないのだ。
教育勅語には、日本が道徳国家として建国されたことが述べられている。
建国記念日が、こんなに冷めた国も珍しいのではないか。

もう、中国人には、国内に観光でも北海道に来てほしくない。

本日の北海道新聞の卓上四季では、増加する外国人観光客のマナーに対する批判的な意見に対し、生活習慣の違いもあるのだから、戸惑うことなく、温かい態度で接しようと呼びかける内容であった。(平成29年2月11日 北海道新聞朝刊 卓上四季)
しかし、北海道民が不安に感じているのは、銭湯でのマナーのような生活習慣の違いではない。
中国人が、ホテルの備品を盗んだり、新千歳空港が大雪で欠航したときに、空港職員に対して暴動騒ぎを起こしたことだ。
つまり、治安の問題である。
外国人観光客の増加は、多くの日本人が不安を感じている。
マスコミは、きれいごとばかり書くのではなく、ホテルや空港職員にも取材をして、こういう日本人の本音を紹介しないとだめだ。

2017年2月 6日 (月)

なぜ、北海道新聞は、中国人のアパホテル抗議を報道しないのか。

中国人300人が、新宿のアパホテルを目がけて、中日友好を訴えるデモを起こした。
外国人の政治活動は、禁止されている。
なぜ、北海道新聞は、これを報道しないのか。
中国には、国家動員法がある。これは、外国にいる中国人にも適用される。
このデモの裏には、中国共産党があるかもしれない。
中国は、敵性国家である。
新聞社は、日本政府を監視するよりも、外国の動向を監視し、報道すべきである。

2017年2月 5日 (日)

北海道新聞のブーメラン記事がおかしい。

本日の北海道新聞の社説(卓上四季)で、北海道新聞が、トランプ政権に対して、客観的な事実よりも、個人への感情の働きかけで世論づくりをしている行為(ポスト真実)を批判している。
しかし、北海道新聞社こそ、ポスト事実をやってきた張本人ではないか。
客観的事実をあげれば、南京大虐殺だって、ないことがわかる。
しかし、北海道新聞は、中国政府様が怒っている情報のみを掲載し、大虐殺の証拠はないことの客観的事実については一向に報道しない。
個人への感情の働きかけで、中国の言いなり道民に仕立て上げるのである。
どの口をしたやつが、こんな記事を書くのか。
おまえこそ、自分の会社のやっていることを見つめなおせ!


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー