2016年8月 3日 (水)

アンパンマンから学ぶ自己犠牲の精神

みなさんは、アンパンマンを見たことありますか。
アンパンマンの作者は、やなせたかしさんで、小学校入学前の子供に人気のアニメです。
私の子供も、アンパンマンが好きで、テレビ番組や本をよく見ています。

ところで、このアンパンマンの仕事は、パトロール。
空を飛んで、困っている人を見つけたら、助けます。
この何気ない仕事ですが、子供たちは、このアンパンマンの後姿を見て、困っている人がいたら助けるものだと覚えるわけです。
論語に「義を見てせざるは勇無きなり」という孔子の言葉がありますが、それを実践しているのがアンパンマンなのです。

また、アンパンマンは、パトロール中に、お腹を空かして困っている人がいると、自己の顔をちぎって、相手に与えます。
これは、自己を犠牲にしてまで、人を助ける(公共のために働く)ことを意味しています。
子供たちは、このアンパンマンの後姿をみて、日本人の特徴である自己犠牲の精神を学ぶのです。

世の中のお父さんの中には、子供の付き合いで、アンパンマンのテレビや映画を見に行く方も多いと思いますが、こういう視点で、アンパンマンを見ると、退屈しないかもしれませんね。

その他のカテゴリー