« 日本には、青山繁晴がいる。 | トップページ | 「バケツで稲づくり」の失敗からわかるコメ作りの難しさ。 »

2017年8月11日 (金)

子供たちが、プリンセスに憧れる風潮を憂う。

女の子がみるアニメの中には、プリンセスに憧れるものが多い。
ディズニーアニメの「プリンセスソフィア」もそうだ。
「プリンセスソフィア」は、もともと靴屋の娘であったソフィアが、母親が王様と結婚することにより、プリンセスになった物語だ。
でも、よく考えてみて欲しい。
日本の国王とヨーロッパの国王との違いを。
ヨーロッパの国王は、例外なく、自己の利益のために、国民と対立してきた歴史がある。
これに対して、天皇は、国民と対立したことはなく、常に国民のために祈り、私腹を肥やすことはない。天皇は、国民に襲われる恐れがないから、京都の御所には、守りの備えがない。
これに対して、ヨーロッパのお城は、いつ国民から襲われるかわからないから、高い城壁を設け、鉄壁の守りを誇っている。

果たして、日本の子供たちが、憧れるのは、ヨーロッパ型の国王でいいのか。
日本人の親なら、自国の国王の素晴らしさを、もっと子どもに伝えるべきではないだろうか。

« 日本には、青山繁晴がいる。 | トップページ | 「バケツで稲づくり」の失敗からわかるコメ作りの難しさ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/71388556

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちが、プリンセスに憧れる風潮を憂う。:

« 日本には、青山繁晴がいる。 | トップページ | 「バケツで稲づくり」の失敗からわかるコメ作りの難しさ。 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31