« 神の子孫であることの幸せ | トップページ | 日本では、神々が失敗から学んで成長していく。だから、われわれも失敗から成長できると考えるのだ。 »

2017年3月14日 (火)

古事記から学ぶ日本人の伝統的な職業観

日本の神話や昔話には、実に、様々な神様が登場します。
風神、雷神、山の神、海の神、田の神・・・。。
そして、各々、その役割が決まっています。
このように、日本では、神々が役割分担として働いています。
だから、私たち日本人も、役割分担して働くのです。
数年前から、「勝ち組」、「負け組」というの言葉が使われるようになりましたが、
日本人は、もともとそんな了見で働いてません。
日本人にとって、働くとは、社会貢献であり、勝ち負け、儲かる儲からないの話ではないのです。まさに、職業に貴賤はないのです。
勝ち組・負け組という言葉が浸透すればするほど、日本の社会を分断されていくでしょう。
これを防ぐには、もともと日本人は、どういう価値観のもとで、生活していたかを勉強する必要があります。
そういう意味で、まさに、古事記はうってつけの教材です。
時間の在る時に、また子供たちに、ぜひ読んでもらいたい一冊です。

« 神の子孫であることの幸せ | トップページ | 日本では、神々が失敗から学んで成長していく。だから、われわれも失敗から成長できると考えるのだ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/69924389

この記事へのトラックバック一覧です: 古事記から学ぶ日本人の伝統的な職業観:

« 神の子孫であることの幸せ | トップページ | 日本では、神々が失敗から学んで成長していく。だから、われわれも失敗から成長できると考えるのだ。 »