« 人権は、決して戦争に負けて外国から教えられたものではない。 | トップページ | 女性の管理職登用の数値目標は、逆差別だ。(本日の北海道新聞) »

2017年2月 4日 (土)

子供の貧困調査は、ウソだらけ!?

家計の状況が厳しいから、「貧困」なのか?

本日の北海道新聞によると、札幌市は、子供の貧困についての初の実態調査を行い、その中間報告を行った。
調査の結果、2歳から高校2年生までの子供がいる世帯の6割以上が、家計の状況が厳しいと感じていることが明らかになったと道新は報じた。

しかし、この報道で、貧困の定義が明らかにされていない。
普通、貧困というと、食べるのにも困るというものだろう。
家計の状況が厳しい=貧困と報道するのは、おかしい。
貯金を切り崩している家庭が、13.5%もあったとのことだが、誰かの支出は誰かの収入になっているのである。
長い子育ての期間には、大学受験などで予備校に行き、貯金を切り崩すこともあるだろう。
それに、この調査の仕方では、1億円の貯金があって、無収入な人でも、貯金を切り崩して、貧困という結果になる。
つまり、この調査では、何もわからない。欠陥だらけの調査に、欠陥だらけの報道なのだ。

お金がなさ過ぎて、義務教育も受けられないというなら、問題だ。
しかし、そうではいなら、問題はない。


« 人権は、決して戦争に負けて外国から教えられたものではない。 | トップページ | 女性の管理職登用の数値目標は、逆差別だ。(本日の北海道新聞) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/69483240

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の貧困調査は、ウソだらけ!?:

« 人権は、決して戦争に負けて外国から教えられたものではない。 | トップページ | 女性の管理職登用の数値目標は、逆差別だ。(本日の北海道新聞) »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30