« 人は、神社で、何に祈るのか? | トップページ | 女性は、家を守り、育児に専念すべきだ。(本日の北海道新聞から) »

2017年1月 4日 (水)

なぜ、日本人は憲法9条を改正したがらないか。

なぜ、日本人は、憲法9条の戦争放棄の条文を改正しようとしないのか。

全ての民族の伝統な考え方は、突き詰めると神話に行きつく。
日本の神話である古事記では、何でも話し合いで物事を決める。
出雲の国に対する国譲りの話でも、最終的には話し合いで大国主の命は、国譲りを決定した。
何でも話し合いで解決すべきだという古事記のメッセージを、我々の大多数は、無意識に信じているため、戦争放棄の条文でも、そのまま受け入れてしまうのだ。
しかし、現実社会では、戦争できる国が怖いのではなく、戦争できない国が怖いのだ。
日本人同士の争いであるならば、話し合いで解決できることも多いだろう。
現に、古事記の話も、日本国内の話である。
日本人は、外国相手に話し合いで解決できると勘違いしてはならない。
なぜなら、外国には、外国の神話があり、日本のそれとはまったく違うのだ。
つまり、神話を共有していない相手に、話し合いは通じない。
立ち直れ日本!日本人は、もっと日本の神話から我々の取る伝統的な思考を理解したうえで、現実の問題に対応すべきだ。



« 人は、神社で、何に祈るのか? | トップページ | 女性は、家を守り、育児に専念すべきだ。(本日の北海道新聞から) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/69117593

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、日本人は憲法9条を改正したがらないか。:

« 人は、神社で、何に祈るのか? | トップページ | 女性は、家を守り、育児に専念すべきだ。(本日の北海道新聞から) »