« なぜ、翁長知事は、辺野古工事に反対するのか。 | トップページ | なぜ、日本は物つくりが得意なのか。 »

2016年12月27日 (火)

なぜ、日本人は、ゴミを自宅に持って帰るのか。

JAPANCLASS VOL9「次こそニッポンに生まれたい!」を読んだ。

その中に、日本人の特徴として、ゴミを自宅に持って帰ることが挙げられていた。
海外では、珍しいことだという。
これについて、この雑誌では、江戸時代から日本人がもったいない精神を発揮し、ゴミのリサイクルをしていたことを挙げていた。
もちろん、それにも一理ある。

しかし、その精神の根本をたどると、古事記にぶち当たる。
古事記では、人と自然は、同じ神から生まれた同胞とする。
だから、日本人は、自然を大切にし、そこにゴミを捨てないのである。

この点については、馬渕睦夫氏の「日本 国体の真実」という本に詳しく書いてあるので、
JAPANCLASSを出版している東邦出版の編集者は、一度、読んでみて欲しい。

« なぜ、翁長知事は、辺野古工事に反対するのか。 | トップページ | なぜ、日本は物つくりが得意なのか。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/69012103

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、日本人は、ゴミを自宅に持って帰るのか。:

« なぜ、翁長知事は、辺野古工事に反対するのか。 | トップページ | なぜ、日本は物つくりが得意なのか。 »