« 北海道新聞のアイヌ記事がうざい! | トップページ | カジノでは、経済成長しない理由。 »

2016年12月26日 (月)

中国の空母 沖縄沖を通過(本日の北海道新聞から)

遼寧は、ロシアから中国が購入した中古の空母である。
遼寧が、日本の領海近くに侵入してくれたことによって、
自衛隊は、遼寧に関する情報を収集している。
これによって、遼寧の能力がわかるのだ。
中国は、墓穴を掘っている。

それはそれとして、我々日本人は、中国の空母が
日本の領海近くをウロウロするのに、慣れてはいけない。
中国は、サラミスライス戦法と言って、徐々に相手国に侵入し、
相手が慣れた時に、また一段、深く侵入する戦略だからだ。

今回の沖縄沖通過は、明日の安倍首相の真珠湾慰霊で
日米の同盟強化されることによる警戒から、起こした行為だろう。
中国は、相当焦っているとみる。

« 北海道新聞のアイヌ記事がうざい! | トップページ | カジノでは、経済成長しない理由。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/69000494

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の空母 沖縄沖を通過(本日の北海道新聞から):

« 北海道新聞のアイヌ記事がうざい! | トップページ | カジノでは、経済成長しない理由。 »