« 「駆け付け警護」って、わかりにくい。 | トップページ | 立憲主義のウソ(本日の北海道新聞) »

2016年11月24日 (木)

日本に教育格差はない。本人が努力したかどうかだ。

昨日、テレビで、池上彰が、親の年収が教育格差につながっていると解説していた。
池上が出したデータは、親の年収と子供の学力が比例していた。
しかし、果たして、親の年収が原因なんだろうか。
貧しくても、努力して、偉くなった人は沢山いる。
要は、本人が努力したかどうかである。
国の制度や親の年収のせいにしてはならない。

教育の機会は、平等に与えられているのである。
池上彰の番組は、わかりやすいが、テレビの意見を鵜呑みにしてはいけない。
テレビは、教育格差を報道して、国民を煽り、日本人の結束を分断するのがテレビの狙いなのだ。

« 「駆け付け警護」って、わかりにくい。 | トップページ | 立憲主義のウソ(本日の北海道新聞) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/68568625

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に教育格差はない。本人が努力したかどうかだ。:

« 「駆け付け警護」って、わかりにくい。 | トップページ | 立憲主義のウソ(本日の北海道新聞) »