« 新嘗祭(にいなめさい)を知っていますか? | トップページ | 日本に教育格差はない。本人が努力したかどうかだ。 »

2016年11月23日 (水)

「駆け付け警護」って、わかりにくい。

南スーダンにいる自衛隊に、駆け付け警護という新任務が与えられた。
駆け付け警護は、自衛隊が現地の国連職員を保護し、その活動を支えるのが目的だ。
世界の平和維持に、日本が貢献するという話である。
危険だから、自衛隊を行かせないという人がいる。
しかし、そうではない。
危険があるから、武装した自衛隊が行くのだ。
自衛隊員は、危険な地域で任務を遂行するわけだから、手ぶらで行くわけにはいかない。
だから、しっかり、武器を持たせて、任務を遂行してもらうという話である。
政府も政治家も、マスコミが作った駆け付け警護という言葉を使わずに、わかりやすく国連職員保護活動と言えば、国民によりこの活動を理解してもらえるのではないだろうか。

« 新嘗祭(にいなめさい)を知っていますか? | トップページ | 日本に教育格差はない。本人が努力したかどうかだ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/68554008

この記事へのトラックバック一覧です: 「駆け付け警護」って、わかりにくい。:

« 新嘗祭(にいなめさい)を知っていますか? | トップページ | 日本に教育格差はない。本人が努力したかどうかだ。 »