« ロシアが、北方領土の土地を無償提供(本日の北海道新聞から) | トップページ | 三笠宮さまの薨去に関する産経新聞と北海道新聞の記事の比較 »

2016年10月27日 (木)

フィリピン大統領が、自国内から米軍の撤退を求めるのは、過激な発言ではない。(本日の北海道新聞から)

北海道新聞は平成28年10月27日付北海道新聞朝刊3面において、フィリピン大統領が、安倍首相と会談し、その中で、自国内の米軍撤退を求める「過激発言」が出たと報道した。
しかし、自国の領土を自国限りで守ろうとする姿は、独立国家として、当然の姿勢であり、何ら過激ではない。北海道新聞は、この発言のどこが、過激発言だというのか、最後まで説明しなければならない。
北海道新聞を始めとする左翼系の新聞は、結局のところ、フィリピン大統領の発言を通じて、日本国民に、「自国の領土を自国で守る」姿勢を、独立国家として正しい姿であると気づかせたくないのである。

« ロシアが、北方領土の土地を無償提供(本日の北海道新聞から) | トップページ | 三笠宮さまの薨去に関する産経新聞と北海道新聞の記事の比較 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/68131836

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン大統領が、自国内から米軍の撤退を求めるのは、過激な発言ではない。(本日の北海道新聞から):

« ロシアが、北方領土の土地を無償提供(本日の北海道新聞から) | トップページ | 三笠宮さまの薨去に関する産経新聞と北海道新聞の記事の比較 »