« 有識者会議のメンバー発表からわかる北海道新聞と産経新聞の違い | トップページ | 拉致問題は、人権問題ではない。北朝鮮による攻撃として対応せよ。 »

2016年10月30日 (日)

野党共闘の構築 真剣に!?(北海道新聞の読者の声から)

平成28年10月30日付北海道新聞朝刊の読者の声に、野党が、衆議院東京10区と福岡6区の補欠選挙で、負けたのは、野党で共闘できなかったからだという意見が掲載されていた。
しかし、野党が共闘できないのは、そもそも政策が違うからだ。政策が違うのに共闘した先に、参院選が、そもそも異常なのである。
この読者の声の方は、この選挙の結果を受けて、安倍内閣が強引にTPPに関する法案を可決するだろうとしているが、TPPだって、民主党の時代からずっと議論しており、決して強引ではない。
北海道新聞は、自社と同じ主張の意見しか、読者の声に載せない。
読者の声についても、もっと多角的な意見を載せるべきだ。

« 有識者会議のメンバー発表からわかる北海道新聞と産経新聞の違い | トップページ | 拉致問題は、人権問題ではない。北朝鮮による攻撃として対応せよ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/68183162

この記事へのトラックバック一覧です: 野党共闘の構築 真剣に!?(北海道新聞の読者の声から):

« 有識者会議のメンバー発表からわかる北海道新聞と産経新聞の違い | トップページ | 拉致問題は、人権問題ではない。北朝鮮による攻撃として対応せよ。 »