« 今のままでは、皇室が途絶えてしまう。 | トップページ | 中国は、過去に尖閣諸島を日本の領土だと認めたことがある。 »

2016年9月21日 (水)

解説は、いらない。北朝鮮ミサイル問題。

北朝鮮によるミサイル発射が、繰り返されている。
テレビでは、なぜミサイルを日本海に打つのか、そんな解説が溢れている。

しかし、相手の理由など、どうでもよい。
日本としては、北朝鮮がミサイルを発射した時に、全て迎撃できればよい。
しかし、北朝鮮から、ミサイルを発射して、日本に到着するまで、約10分。
この間に、相手のミサイル発射を予知して、迎撃できるかというと、できない。
特に、潜水艦から打たれると、予知できないから恐ろしい。

北朝鮮によるミサイル攻撃や核弾頭ミサイルを防ぐには、
日本が、北朝鮮よりもはるかに優れた武装を備えなければだめだ。
同盟国の核に頼ってはいけない。
同盟国は、自国の都合でいつ裏切るかわからない。
同盟は、保険程度に考えないとだめだ。
自国の安全保障を同盟国に頼るのは、間違っている。


« 今のままでは、皇室が途絶えてしまう。 | トップページ | 中国は、過去に尖閣諸島を日本の領土だと認めたことがある。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/67591408

この記事へのトラックバック一覧です: 解説は、いらない。北朝鮮ミサイル問題。:

« 今のままでは、皇室が途絶えてしまう。 | トップページ | 中国は、過去に尖閣諸島を日本の領土だと認めたことがある。 »