« 尖閣諸島は、領土問題としてはいけない。 | トップページ | 白老のアイヌ慰霊施設建設へ(今日の北海道新聞の一面から) »

2016年9月26日 (月)

自衛隊法を読んでみた。

自衛隊法を読んでみた。
すると、防衛出動(同法76条)が、国会の決議を得て、可決されないかぎり、自衛隊は武力行使できないことがわかった。
ただし、防衛出動待機命令といって、防衛出動が発令されるまでの準備として、内閣総理大臣の承認が得られれば、防衛大臣がその命令を出せるとのこと。

しかし、そもそも論を言うと、
北朝鮮のミサイルが日本に着弾するまで、わずか10分。
北朝鮮が、潜水艦から弾道ミサイル発射に成功したということは、
事前にミサイルの発射予想ができなくなったということ。
つまり、現実には、ミサイル発射前に、防衛出動待機命令すら、
発令できないことを意味する。
早くこれを解決する立法措置を取らないと、日本はミサイルを撃ち込まれて、
防衛出動を発令する前に、多大な戦死者を出すだろう。

立ち上がれ!日本

« 尖閣諸島は、領土問題としてはいけない。 | トップページ | 白老のアイヌ慰霊施設建設へ(今日の北海道新聞の一面から) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2266745/67676668

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊法を読んでみた。:

« 尖閣諸島は、領土問題としてはいけない。 | トップページ | 白老のアイヌ慰霊施設建設へ(今日の北海道新聞の一面から) »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30